自分の車の査定額を可能な限り上げるのには、、車を売却する時期タイミングなども影響してきます。自分から店頭へ自動車を使って売却額査定をしなくてもネットで中古車買い取り店で車の査定の確認依頼にだせば直ぐ買取査定価格の算出をしてくれますが、所有するクルマを無駄なく手放すことを思いめぐらせれば、タイミングがあります。どういったものが挙げられるかというと、ひとつに、走行距離でしょう。中古車にとっての走行距離は中古車の買取金額の査定をする上で大切なベンチマークとされるもののひとつだと言われています。どの程度の走行距離で売るのが望ましいかと言いますと、車の売却額査定に差が出てくるのは50000kmと言われていますから、その距離を超える前に査定を依頼して売るとよいと思います。走行距離が40000kmと80000kmではご存知の通りで、中古車の売却相場は評価が異なるはずです。二つ目に、車検があります。当然車検というものはお金が掛かっている分車検までの残月数が残っているほど売却額は上積みされると感じるのが普通かもしれませんがそういったことはなく、実際車検時期は中古車の査定額には全然影響がありません。これというのは本当にやるととてもよくわかってきます。車検時期が近付いてきた車は売る時期としてはちょうど良いということになります。一方査定を高額にするために、車検の後に査定に出そうとするのは車検代が勿体無くあまり査定に響かないということです。それから専門業者に中古車を引き取ってもらうタイミングとしては2月と8月が有名です。なぜかと言いますと、自動車買取業者の決算期が3月と9月というところがほとんどだからです。そのため例えば1月に売ろうと考えたとしたらあと少し待って2月に中古車の見積もりをお願いして売るのも良い方法です。それぞれの都合もあるでしょうから、一概にこうしたタイミングで売るわけにもいかないのが実際だと思いますが、可能ならばこうしたタイミングを狙ってみると良いと思います。